ブラックメタルの現役ギタリストがHR/HMの最新情報をお届けします

ブラジルのボディビルダー、筋肉にシントールと言う薬品を注入して人間離れした肉体を手に入れる

      2018/01/24

 

マッチョになりたい、と言う願望を持つ男は世の中に沢山いると思います。
中には、体に悪いことを知りながら、筋肉を大きくさせるためにステロイド等の薬物に手を出す人もいるほど、筋肉にはある特定の人々を惹きつけてやまない魅力があります。

ブラジルのとあるボディビルダーも、そんな筋肉の魅力に取りつかれた男の一人ですが、この男の場合、ジムでトレーニングをして体を鍛える、と言う、いわゆる正攻法には頼らず、全く異次元の方法で筋肉を大きくしていました。
まずはその男の体を見てもらいましょう。
それがこちら。

なんかいろいろとやばい。
マッチョトランクスでしょうか?
「こんなパワーアップのためだけの変身ではなにも生み出せない バカだ おまえは」とセルに説教されそうですね。

この人物はValdir Segatoと言う名で、年齢は48歳、職業は建築作業員という事ですが、いったいどうやってこんな体になったんでしょうか?

実はこの男、シントールと言う薬品を筋肉に直接注入することによって、体を大きくしているそうです。
シントールを筋肉に注入すると、水分を吸収して膨らむそうで、それでこんな人間離れした体になっているのだとか。

そうなると気になるのは、肝心の腕力の方です。
実際この体でどれほどの力があるんでしょうか?
Valdirはこう語ります。
"そのオイル(シントール)は主に美容用だよ。筋肉を大きくして体の形を整えるものだ。力には影響しない。"

見た目だけらしいです・・・。
ちなみにシントールは人体にとって有害な物質で医者や周りの友人からやめるように言われたたそうですが、本人は一切そのつもりはなく、これからも自分の筋肉を大きくしていきたいそうです。

体が破裂しないことを祈ります・・・。
 
 
引用:https://www.thesun.co.uk/news/1907396/hulk-inspired-bodybuilder-is-risking-his-life-to-pump-up-his-muscles-by-injecting-oil-into-his-arms/

 - 記事