ブラックメタルの現役ギタリストがHR/HMの最新情報をお届けします

所有者の多くが次々に悲劇に見舞われた呪いの島「ガイオラ島」

      2018/01/24

 

イタリアのナポリ湾に浮かぶ小さな島「ガイオラ島」、古代ローマ人にとっては人気の島であり、
「牧歌」で知られる古代ローマの伝説的な詩人ヴァージルは、この島で授業をしていました。

Wikipedia

しかし、ある出来事を境に、この島の所有者に次々と不幸が降り掛かり、今では呪われた島として恐れられ、島は廃墟と化しています。

きっかけは19世紀に「The Wizard」というあだ名の世捨て人がこの島に住み始めたことでした。
「The Wizard」は漁師の施しによって食いつないでいましたが、ある時、謎の失踪を遂げ、今では地元の人間は、彼が疾走する前にこの島に呪いをかけていったのだと信じています。

ALAMY

彼が失踪してすぐに、島に別荘が建てられました。
しかしその後、この島の所有者になった人間が、次々に謎の悲劇に見舞われます。
その内容を以下に抜粋します。
・1920年代、この島の所有者であるスイス人のHans Braun氏が、カーペットに包まれた状態で死体となって見つかる。その後、Hans氏の妻が海で溺死。
・次の所有者であるドイツ人のOtto Grunback氏が、この島の別荘で滞在中に心臓発作で死亡。
・もう一人の所有者であるMaurice-Yves Sandoz氏が、スイスの精神病院で自殺。
・イタリアの一大企業グループ「フィアット」の会長Gianni Agnelli氏がこの島を所有した後、多くの親族が亡くなる。
・億万長者Paul Getty氏がこの島を所有した直後に孫息子が誘拐される。
・この島の最後の所有者Gianpasquale Grappone氏が負債のために刑務所に送られる。

ALAMY

この様な悲劇の結果、現在ガイオラ島は無人島と化し、カンパニア地方当局の所有となっているそうです。

 - 記事