米デスメタルバンドDying Fetusがライブ中にファンの遺灰を撒いて追悼

      2016/05/08

 

アメリカ合衆国メリーランド州出身のデスメタルバンドの重鎮Dying Fetusが、5月3日にシカゴで行われたMetal Alliance Tourのライブ中に、亡くなったファンの最後のリクエストに応え、ピットに遺灰を撒いたそうです。
ライブの直前、Dying Fetusの公式facebookに「Nickという先日亡くなったファンの最後の願いが、Dying Fetusのライブ中に彼の遺灰を撒くことだが、我々はそれをするべきだろうか?」と言うメッセージが、試験管に入った彼の遺灰を持つメンバーJohn Gallagherの画像と共に投稿されました。
その投稿
その後、Nickの最後のリクエストに応えることにしたバンドは、彼のお気に入りだった曲「Homicidal Retribution」の際に、ピットに遺灰を撒いてその願いを叶えました。

この記事を見た海外のファンの反応
「俺はライブ中に自分の遺灰を撒いてほしいほど好きなバンドはいないけど、それは考えてみれば最高にメタルだな。その望みを叶えたDying Fetusはクールだ」
「火葬する前の状態でピットに撒いていたらもっとクールだったな」

うーん、最後のは冗談として、これはデスメタルにしか出来ない追悼のやり方ですね。
それを実現したDying Fetusはさすがです。

引用元:http://www.metalsucks.net/2016/05/04/dying-fetus-scatter-fans-ashes-pit-one-shows/

 - 記事