墓標に”LOL”と刻まれたお墓が話題に。一体なぜ”LOL”?

      2018/11/08

 

"LOL"と言えば、英語圏で使われているネットスラングであり、"laughing out loud"の略で、直訳すると「大声で笑う」、つまり(笑)とかwwwみたいな意味になります。
Youtubeのコメント欄などでもよく目にしますが、なんとこの言葉を碑文として刻んでいるお墓があると話題になっています。

確かに"LOL"と入っています。
"LOL"=笑い・・・。
その昔、古代ギリシアの哲学者クリュシッポスは酒に酔ったロバがイチジクの実を食べようとしている様子を見て、笑い死にしたと伝えられていますが、このお墓の主も笑いながら死んでいったということでしょうか・・・?

もちろんそんなことはなく。
真相はこうでした。
今でこそ"LOL"は"笑う"と言う意味が一般的ですが、80年代には"LOL"に“Lots of love”と言う意味があり、それがこのお墓の主Lawrenceさんのニックネームだったという事です。

墓標には2004年と記されており、その頃にはすでに"LOL"には笑うという意味が定着していたらしいですが、Lawrenceさんの家族が当時それを知っていたかどうかは謎だという事で・・・。
言葉は時代と共に意味が変わるといいますが、これはその中でも顕著な例ですね。
 
 
引用:https://www.thesun.co.uk/living/2043583/is-this-the-most-offensive-message-to-write-on-a-gravestone-it-could-be-if-you-took-it-the-wrong-way/

 - 記事