ブラックメタルの現役ギタリストがHR/HMの最新情報をお届けします

オーストラリアで1.2トンのMDMA(末端価格110億円相当)を押収。押収物としては史上4番目の量

      2018/01/24

 

MDMAとは、別名エクスタシーなどとも呼ばれており、服用することで幻覚や多幸感などが得られる薬物であり、各国でその使用が法規制されていますが、この度オーストラリアのシドニーでは、約1.2トンと言うとんでもない量のMDMAの結晶が押収されたそうです。
これはオーストラリアでは今年最大の麻薬の押収物であり、エクスタシーの押収物としては史上4番目の量だそうで、末端価格は約1億1000万ドル、日本円で約110億円にも上るそうです。
3264
容疑者は28歳と29歳のポーランド人の男で、アルミニウムの貨物の中に隠してチェコから密輸した、とAFP通信は伝えています。

オーストラリアの国境警備の司令官はその貨物の様子についてこう語ります。
"その貨物はアルミロールと明記されていて、そのアルミロールの中には実際の貨物である薬物を隠した鉛の箱が沢山あった。それは非常に巧妙な隠蔽だ"

犯人の二人には終身刑が科せられる見込みで、また、逮捕者がさらに増える可能性があるという事です。

 
 
引用:https://www.theguardian.com/australia-news/2016/oct/15/police-seize-12-tonnes-of-crystal-mmda-in-sydney-raid?CMP=twt_gu

 - 記事