ブラックメタルの現役ギタリストがHR/HMの最新情報をお届けします

サバンナで飢えたライオンと象が生死をかけたタイマン勝負。その結果は?

   

 

ザンビアのSouth Luangwa国立公園で、ライオンと象が争っている様子がカメラに収められた。
ライオンは数日間何も口にしていないと見られるほどほどやせ細っており、一方、象は体の大きさからまだ子象だと思われる。
どちらも群れからはぐれてしまっているのか仲間がおらず、生死をかけた対決は一対一で行われた。

最初に襲いかかったのはライオンであったが、体格で勝る象がライオンを押し潰し、上にのしかかる。

象の反撃で瀕死の重傷を負うも、命からがら逃げだすライオンとそれを追う象。

この写真を撮影したのは、カナダのモントリオール出身の野生動物写真家NJ Wight氏で、氏はこの光景についてこう語った。

「夜明け近くに私たちはその年老いた雌ライオンが息絶えているのを発見した。尖った腰骨やあばら骨から、数日間何も食べていないのは明らかだった。その痛々しい姿を見るのは辛かった。率直に言ってその雌ライオンは長くはもたなかったと思う」

dailymail

 - 記事